BLOGナイル社長ブログ

HOME > サイトマップ

Monthly Archives: 3月 2012

Monthly Archives: 3月 2012

普通の商品を大したもののように見せるライティング技術

やっと春らしくなってきましねー。

近所を散歩していると気持ちよすぎて早くも5月病になりそうです。。。 

 

 

うちのような広告に関わる仕事は、 お客様のありのままの姿というか、できるだけよりよい姿を伝えることを求められます。

 

 

たとえば、ホームページでいえば「事業内容」、「サービス」、「そこで働いている人」とか。

そういうコンテンツを作るために、原稿や写真や素材をいただいてうまい具合にまとめる仕事です。

 

 

お客様にライティング技術が無い場合や、時間が取れないという場合は

弊社で原稿を書くこともあります。もちろんライティング費用をいただきます。

 

 

そういう原稿って、当然見る人に読んでもらうためにある程度お化粧施す必要があります。

普通の商品を大したもののように見せるのです。

言い方が悪かったですが、「普通の商品の魅力を掘り下げる」のです。 

 

 

たとえばカフェのホームページで飲み物を説明するとき、

 

 

「コーヒー1杯400円」

 

 

「コーヒー1杯400円」でもいいのですが、それだと何も響かないですよね。

見慣れた熱くて黒い液体以上のものがありません。 

そのため、味の補足情報として次のようなものを足します。

 

 

「本場イタリアで修行したバリスタが1杯ずつ丁寧にドリップした香り高いエスプレッソあります。」 

 

 

しかもロケーションが良ければ、そういう状況も追加してあげて、

おいしいコーヒーを飲んでる情景も足してあげます。

 

 

「代々木公園の四季折々の風景が目の前に広がる緑豊かなテラスで午後の一時をお楽しみください。」 

 

 

さらに他のお店との差別化情報として次のようなものを付け加えます。

 

 

「テラス席にはワンちゃんも入店可能です。!」

 

 

  そして、ワンちゃんが楽しめるようにサービス情報を追加します。

 

 

「来店したワンちゃんにはお水とお菓子のサービス付き!」 

 

 

で、どんな人が店員として立っているのか、ちょっと写真なんかを入れたりして、

それがきれいな女の人だったりすると女性客には反感を買うかもしれませんが、

男性客にも付加価値を提供できることになります。 

 

 

まあ、そんな感じで情報の情報を深く掘り下げて、本来持っているコーヒーの価値が

何倍にもなるように努力して原稿を作るわけです。

 

 

コーヒー1杯400円の中身は黒い液体ではなくて、入れ子状に価値がつまっていることを、来店を検討しているお客さんに教えてあげる。

そういう作業が必要になります。 

 

 

これは、何もライターだけの仕事でなくデザイナーにも必要とされる能力です。

原稿の配置の仕方や並べ方や強弱の付け方で、単なる原稿が絵として浮き上がってくるように読ませるのがデザイナーの仕事。 

 

 

でも、この価値の掘り起こしもやり過ぎるとこれはねつ造では?

と感じてしまうこともあります。

 

 

本当にイタリアで修行してきたのか?とか本当に代々木公園の緑がバッチリ見えるのか?とか

原稿を書いている自分が自分で不安になることがあります。

だからお客さんには本当の情報をきちんと伝えてほしいと思います。

でないと一緒に仕事ができません。 

 

 

たとえば、こんな言葉がありますよね。

 

 

フリーター

カリスマ

アラフォー

ニート

 

 

これって、今まではマイナス要素として見られていたものや、そこそこだった人を盛り上げて正当化している言葉ですよね。

それほど大したものではないのに、大きく見せようとしているだけ。 

オブラートに包まれた言葉にくるまれることで、いかんともしがたい状態だった人々が

ことの重大さから目を背けることが可能になりました。 

実際にはこうですよね。↓ 

 

 

フリーター  →  プー太郎

カリスマ   →  そこそこ腕の良い職人

アラフォー  →  中高年

ニート    →  引きこもり 

 

 

 

さっきも言ったように、仕事柄大したものじゃないものを大したもののように見せることに心血を注いでいます。

 

 

そのせいか、他人が大したもののように作為したものにすごく敏感です。

 

 

最近思うのですが、 

本来なら社会や友達、家族など、周りから批判されたり辱めをうけたりするはずの

立場の人たちが、それから美しく逃れることが可能になってきたと感じるのです。

本来受けるべき時期に洗礼を受けずにそのまま来てしまっているんじゃないかなと思う。

それも結構な数で。 

うまくコミュニケーションできないけど、それでヨシとする人たちというか。。 

 

 

別に上記の状態の人たちをバカにするという意味ではなく、社会全体が寛容になりすぎて、問題のある人を量産してしまっているんじゃないかなと思った次第です。

 

 

以上、元プー太郎そこそこ腕の良い職人で中高年の私からの提言でした。

 

 

 

 

社長ブログ

マナーって何だ。

122.jpg
 

先週は大阪のお客様とお会いしてサイトリニューアルのお話をしてきました。

結構規模の大きなサイトなので、これからが大変ですががんばっていきたいと思います。

 

それにしても新幹線で往復6時間・・・ほとんど座っているだけなのですが、相当疲れました。

座ったままスーツ着ているのも苦しいし、本当はTシャツでお客さんと打ち合わせできたらいいのですが、

そうもいきませんよね。 

iPadも持っていったのですが、新幹線の中で見ているとちょっと気持ち悪くなるので、

仕事もできないし。。 

せっかくのチャンスなので、最近読めなかった本を持ち込んで読みました。

実はこの2ヶ月くらい、ネットでいろいろな情報を探したり読んだりする仕事があって、

自宅に帰ってもパソコンにかじりついていることが多く、ほとんど本を読めずにいました。

なので、久しぶりに本を読んでいろいろな気づきがありました。 

 

ネットの仕事をやっているのに何ですが、まだまだ紙の本には

ネットでは見つけられない濃厚な情報がたくさんあるなと思いました。

  

さて、帰りの新幹線は3人がけの席で通路側。ひとつ間をおいて窓際には20代くらいの女の子が

一人で乗っていました。足元には見たことないような巨大なスーツケース&バッグが2個。 

この子がまれに見るマナーのない人物でした。

いきなり携帯を取り出したと思ったら、周りのことなんか全然気にせず大声で

話しだして、しまいには駅員さんがやってきて「お客さん!」と注意。

それにわかってるよと適当に手を振ってそれから30分延々と話し続けました。

しまいには、新横浜で突然立ち上がったと思ったらいきなりスーツケースを引っ張り出して

通路に出ようとするじゃないですか。普通「すいません」とか言いますよね。

無言です。ただ無言でスーツケースを僕の足にガンガンぶつけて、どけって感じ。 

こんな人間がいるのか!と唖然呆然でした。

というか人の心のかけらも感じないというか。 最初、目が見えないのかなと思ったほどです。

聞こえてきた話では、どこかに所属するカメラマンとか。

スーツケースには機材が入っているのかもしれません。

会社では先輩からも可愛がられて、「いいやつ」みたいな感じなんでしょう。 

カメラマンは自由な人たちというイメージだけど、

これじゃどんないい仕事をしてもいつか誰も相手にしてくれないんじゃないのかな。

と思いました。 

この間渋谷で「いとこ会」があって、東京で働く従兄弟達と飲む機会がありました。

都庁で働く従兄弟と話したのですが、役所には信じられないくらい常識のない人がいっぱいくるそうです。

それも昔より増えたとか。

なんか人間が変わってしまったのでしょうね。モンスターペアレントとかもそのたぐいですよね。 

変わったというより、人間が2極化しているのを最近感じます。

 

同じクリエイティブな仕事をしている人間として、なんかくらい気持ちになりました。

自分の周りはカメラマンさん含めてクリエイターも営業の人達も経営者も、

いつも良い人ばかり集まってくるので、久しぶりに負のオーラを浴びて凹みました。 

 

そんな気持ちをかかえたまま、さっき行きつけの定食屋さんにいきました。

扉を開けると、店主の娘さんと思われる4歳くらいの女の子が

かわいい声で「いらっしゃいませ」というじゃないですか!

なんて可愛いんだ!と癒されました。

でも僕は子供の扱いに慣れていないので、なんだか気恥ずかしくなって思わずシカトしちゃいました。

 

自分もマナーないな!  

今度は満面の笑みであいさつしよー。

 

 

ではまた来週。 

社長ブログ

同じビル内で移転しました。

気がつけばもう3月!

今月は慌ただしくすごしております。

3月中はもう新しいお仕事はお請けできないかもしれません。(簡単な仕事はOK!)

4月以降は動けますので、いまのうちからご依頼・ご相談いただけるとスムーズに作業に移れるかと思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

さて、皆さんにお伝えしわすれていたのですが、弊社1月に同じビル内で移転しました。

今まで10Fでしたが、現在は6Fにおります。

ご来社の際はご注意ください。

6Fフロアのインテリアは、10Fと違ってナチュラルでポップなトーンでまとめられています。

自分たちとはちょっと違う雰囲気かも・・・ 

 

↓こんな感じです。↓ 

  

ナイルFacebookページ 

  
facebook.jpg

 

 

社長ブログ