BLOGナイル社長ブログ

HOME > サイトマップ

Monthly Archives: 10月 2008

Monthly Archives: 10月 2008

ナイルエピソード1

このブログを始めたのは2007年の5月からです。

 

が、しかし、実はmixiや他のブログを使って2006年8月の会社設立時から

ナイルエピソード1とも言えるブログを発表しておりました。

 

最近になってそのことを思い出して、ナイルのブログでも見れるようにしました。

ナイル創業1年目の焦りとのんびりムードが伝わってきます(今でものんびりですが)

よかったらどうぞご覧くだされ。

 

http://www.nileriver.co.jp/blog/2006/08/
http://www.nileriver.co.jp/blog/2006/09/
http://www.nileriver.co.jp/blog/2006/10/
http://www.nileriver.co.jp/blog/2006/11/
http://www.nileriver.co.jp/blog/2006/12/
http://www.nileriver.co.jp/blog/2007/01/
http://www.nileriver.co.jp/blog/2007/02/
http://www.nileriver.co.jp/blog/2007/03/

 

 

 

 

[PR] 特別縁故者の法律相談 

社長ブログ

たったひとりの戦い、その後

先週の続き。

 

たったひとりの戦いが始まって30分。

 

その間、僕は一言も発せず沈黙を続けました。
教室の中は重苦しい雰囲気に包まれ、誰かのコホンという咳がやけに大きく響きます。

 

「早くしろよ」
とは、誰も言いませんでした。
それを言ってしまうと、今度は自分がターゲットになってしまうからです。

 

このまま夜になって誰も帰れなくなったらどうだろうと想像しました。
級友たちの親が心配になって学校に大挙おしかけてくるのでは!
その対応に苦慮する職員室の教師たち!
最後はクラス全員が土下座して、立候補してくれと僕の前で頭を垂れるとか・・。

 

ふ、

 

でもそんな甘い妄想は、おもむろに話し出した担任の声で
かき消されました。

「彼は生徒会の大変さを一番わかっているから、やるとは言えないんだよ。」と。

 

たしかに、前年度は生徒会の委員をやっていたので、
その大変さを身をもって知っているのはクラスで僕だけでした。
先生はそのことを気遣ってくれたのです。
実は5年生のときにその大変さから一日だけ不登校になったことがあり、
そのことが先生の頭をよぎったのだと思われました。

 

いや、しかし、でも。

 

不登校予備軍を立候補させようとする了見はどうなのか、そして
そんな大人の情にほだす作戦に乗ってしまってはいけないと
余計に意固地になってしまいました。

いつの間にか、もう一人候補になった女子のことは忘れさられ、
僕が「やります」と言うまで始まらない根競べとなっていました。

しかし、そのころには教室の中の雰囲気は
なんともいえない極度の緊張の高まりの中にあって、
まさか僕がここまで抵抗するとは思っていなかった級友たちの焦りとか
担任の静かで優しいけれどわずかに垣間見れる苛立ちとか
そんなものがない交ぜになって充満していました。

 

それに一番押しつぶされそうだったのはやはり僕の方で
最後の方は、悔しい気持ちとみんなに申し訳ない気持ちで頭がぐちゃぐちゃに
なって吐きそうなくらいでしたが、
結局は「僕がやります」と言って終わりにしました。

その瞬間の教室の空気を僕は一生忘れません。

 

ずっっと海の底にいて息ができないんだけど死ぬこともできないで、
動けないままいたのに、突然水面に飛び出して息が吸えたような、
みんなの声にならないため息が聞こえてくるようでした。

 

担任の顔をみると、「そうか」と言ってちょっとだけ笑ったのが
逆に悔しくてその部分だけ後悔しましたが、
みんなを苦しめてそして開放したという高揚感でなぜか少し興奮していました。

なんだ、ただ子供が駄々をこねた話かとも見えますが、
何かを担って責任を果たすというのはあたりまえだけど重くて
気軽に引き受けたり、またお願いされているのに必要以上に断って
本当は得るはずだったものを逃してはいけないという、
なんかそんな矛盾するトピックスでもあることを言いたかったのです。

それはさておき、
その後僕は立候補して当選するのですが、
今考えても本当にやってよかったと思います。

 

それはその過程で小さな自尊心をいくつも掴み取っていくいろんな経験ができたからですが、
それはまた別の機会にお話します。

 

ではでは。

 

社長ブログ