BLOGナイル社長ブログ

HOME > サイトマップ

Monthly Archives: 11月 2007

Monthly Archives: 11月 2007

シナプス

近頃とみに衰えていく体力や筋力を嘆きつつ
自分の体力の頂点はいつだったかと考えることがありました。

 

たぶん高校3年生の春くらいが絶頂ではないかと思いあたったのは、体育の時間のあるプレーが
記憶にあったからです。

 

そのころ自分の実力では大学受験は難しいと諦め始めたころで、
学校の授業で唯一楽しみな時間は体育だけ。

 

もともとあまり球技は得意ではありませんが、3年生の一学期はたまたま
若干得意としていたバレーとサッカーとハードル走と器械体操という黄金の
カルテットが授業に組み込まれていました。

そんな偶然も重なって
この組み合わせならいい成績取れるかも!と思ったら、俄然やる気がでたのです。

あれはサッカーの時間のことでした。
当時バド部で自分の体を極限まで(自分なりに)鍛え抜いていたこともあり
そのころの僕は、体力に相当な自信と過信がありました。

ゴール前で味方のパスを待っていた僕は、センターサークル付近からふわりと
あがったボールに対して無謀にもオーバーヘッドキックを繰り出したのです。

もちろん、ボールはつま先数センチ先を抜けてしまい、当たることはありませんでしたが、
したたか打ち付けた腰を抑えつつ不思議な感覚に包まれたのです。

なぜかというと、自分がオーバーヘッドをしようとしたのではなく、「身体が勝手に動いて」
オーバーヘッドをしたからです。当然練習もしたことのないプレーです。
そのあと、危険なプレーとして体育の教師にこっぴどく怒られましたが、
心の中では舌を出しつつ「身体が勝手に動いた」ことをずっと考えていました。

今になって思うのは、
人間は幼少のころから運動を続けているといろんな神経回路が複雑に繋がって
いろいろな運動能力が高まるそうですが、当時の僕は高校3年生になってやっと
シナプスが繋がりだして予想外の動きが取れるようなったのではないかということです。

 

普段継続して鍛えていた瞬発力や筋力の強化が
17歳になった自分に、これしかない!というプレーをさせたのです。

 

決定力不足の日本代表に教えてやりたいです。
というのは冗談で、何が言いたいかっていうと、体力の頂点は見たけど
頭脳の頂点はまだ見てないってことです。

 

サラリーマン時代は、そこそこやっておけば給料がもらえたので、そういう方面にばかり頭を
使っていました。
でも今は違います。
もっと極限まで頭を使って、どうしたら儲かるかみんなに喜んでもらえるかを考えているから
きっと違う脳みそを使っているはずなのです。

 

いつか身体が勝手に動いてものすごいアイディアを出してくれるように
今日もシナプスを一生懸命つないでいるのです。
雨の日曜日にそんなことを考えました。

 

シナプス君よろしく。

 

社長ブログ